« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

藤の下を

お常飯のお参り、若院夫婦はお休みでした。

昨日の朝から今日の昼過ぎまで、ごく弱い雨が降り続きました。

昨日は、昔から毎年同じ日にお参りをお約束の隣町のお宅へ、いつもならバイクですが雨が降っていたので車で伺いました。
ボク「そういえば、今までに車で伺ったことを覚えてませんが・・・」
ご主人「そうですね、今日のお参りの日に雨が降った覚えはありません」と。

今朝伺ったお宅でも天気の話題になり、
「うちの日めくりカレンダーはその日ごとに過去何年かの天気が書いてあります」
「それは便利ですね、インターネットでも調べられるかもしれませんね」と。

この会話から、昨日のことを思い出して気になったので早速調べてみると、

http://weather.goo.ne.jp/past/days/04/29/632/

やはり、この20年間に限ると雨はなかったようです。

Img_23972
夕方4時前ジョギング、途中まで行ったところで、あちこちで藤がきれいに咲いているというニュースを見たのを思い出したので、スロージョギングのまま足を延ばしていつもの赤坂スポーツ公園まで。

Img_24002
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000009524.html

Img_24062
散り始めてはいましたがたくさんの花の下を走れました。

Img_24142
今日は 距離7.36kmを1:12かけて、この4月は19日(回)のジョギングでした。

| コメント (0)

2014年4月29日 (火)

DVD鑑賞

お常飯・ご法事・一巻とお取越、若院はお常飯・百ヶ日のお参りでした。

Img_23852
テッセンがきれいに咲いています。

Img_23952
BUDDHA2 手塚治虫のブッダ ―終わりなき旅― が今年の2月に上映されていたのを思い出したので、ブッダ1のDVDを坊守にレンタルしてきてもらって観ました。

吉永小百合さんのナレーションはさすがですが、加えてぜひ書きとめたい部分が・・・

............

シッダールタ
学んでも学んでも 何も見えない 誰も 何も 教えて くれない

ナレーション
王子として民の力になろうとしたものの シッダールタは迷いの中にいました

人には 生老病死 というどうすることもできない苦しみがあることに気付いたからです

誰しもがその苦しみから逃れることはできません

生まれ落ちるときも狭い産道を通り苦しみ

生まれても老いていく苦しみを味わい 病になって苦しむ

そして人は必ずいつか―  死の苦しみにも向かい合わねばなりません

過去 現在 未来   生きている限り死ぬまで人は苦しみ続けるのです

その苦しみとは苦痛ではなく―  思うがままにならないことです

思うがままにならないことを 思うがままにしようとして―  人は苦しむのです

その苦しみを受け入れ 克服するために― シッダールタはひとつの道を求めようとしました

シッダールタ
私に何かできることがあるはずだ 全てを捨てて見つけたい

............

ブッダ2もレンタルが開始されたら観てみたくなりました。

| コメント (0)

2014年4月28日 (月)

宗祖のご命日

お常飯・祥月命日(一巻)、若院はお常飯・中陰のお参りでした。

Dscn68162
夜は二十八日講をお勤めしました。

ご命日のお勤め・読経(阿弥陀経)稽古・仏教讃歌練習(そよ風に)・座談会では"おみがき"を年回記念法座の前の6月4日にお世話になることを決めていただきました。

我慢できないほどの寒さではなかったもののファンヒーターを点けました。

Img_23752
午後、「自転車での最寄駅等からの所要時間が知りたい」という若院夫婦に付き合って、自転車で検討中の土地へ。

思ったほど時間がかからないことにちょっと安心。

Img_23782
帰りに、

いつも近くは通るもののちゃんと見たことはない大塚古墳と
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000000695.html

Img_23842
お茶屋屋敷跡のボタン園と
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000000599.html

お勝山・岡山〔勝山・御勝山〕も

http://minkara.carview.co.jp/userid/157690/spot/161382/

http://www.geocities.jp/onriedo_gongujodo/okayamahonjin.html

10年ぐらい前?の整備直後は山頂まで見渡せて一気に登れたのに、木や下草が生い茂っていて途中まで行って断念。

全所用時間2時間ほどで帰宅。

| コメント (0)

2014年4月27日 (日)

新築落成法要

お常飯・午前午後ご法事、若院はお常飯・ご親戚が集まられての新築落成法要(一巻)のお参りでした。

Img_23712
「一巻で」とお約束したご新築にともなうお参り。

式次第は伽陀・御経(仏説無量寿経)・正信偈・同朋奉讃・回向・御文 と若院に伝えたものの『表白』はどうしたものかと・・・

どうしても必要ということではないとは思うものの、たとえ拝読するにも経本にあるいつもの年回法要用のものではちょっと・・・

で、買い置きの表白集をみたらいい文章が見つかったので、コピーして若院に渡して託しました。

後でもう一度読みなおしてみたところ、「今回のお参りに合うように少しだけ文章を校正したほうがよかったかな」と、反省。

| コメント (0)

2014年4月26日 (土)

スタッフ会

お常飯・ご家族ご兄妹お参りのご法事、若院はお常飯のお参りでした。

若坊守は友人の結婚式・披露宴・二次会に出席のためお休みでした。

Img_23592
午後は真光寺本堂で組門徒会スタッフ会が行われました。

真光寺にスタッフはいませんが5月に行われる組門徒会の研修会の会場をお引き受けしたのでその打ち合わせ。

http://www3.ocn.ne.jp/~gobosan/kyoku/k_jyouhou.htm

当、大垣教区第10組の寺院数は35、地域は大垣市・不破郡垂井町・養老郡養老町と数・地域ともに教区最多。

で、一番のネックは駐車場、全員出席だと90名ほど、実際は毎回70名ほど参加とのこと。門前駐車場と境内駐車場に詰め込めば40台ほどは駐車できると思いますが・・・

| コメント (0)

2014年4月25日 (金)

予定ではお休みの日

中陰・お常飯のお参り、若院夫婦はお休みでした。

今日はお参りがお休みの日のはずでしたが中陰のお参りが入ったので、月ごとに日が変わる夕方のお常飯のお参りもお引き受けしてありました。

Img_23442
取っ手のネジがゆるんできた魔法瓶。

多くの人数に一度にお茶を出すので、大きな土瓶に一気にお湯を入れられるようにと「押して出す」のじゃないのが坊守たちは良いようです。

熱湯を扱う器具、お湯を出しているときに、もし取っ手がはずれたら・・・ で新しいものを導入。

外見はずいぶん大きさが違いますがステンレス製で容量はまったく同じ1.9L

レバー式で注ぎやすいのはいいのですが出る量がちょっと少なすぎ、ワンタッチで簡単に開けることが出来るフタをはずして注ぐしかないかも・・・

Img_23462
境内駐車場整備工事のあと、カーポートにつけられたままになっていたLED工事保安点滅灯。

最近、夜に点いてないのが気になっていたので見てみると、配線が溶接部分ではずれていたので溶接修理の後、太陽の光に当てておきました。

陽が長くなったとはいえ夕方のこと、今日のところは点かなかったので、明日再度当ててみるつもりですが・・・

Img_23562
http://www.ginet.or.jp/haiku/taikai/03taikai/03taikai-1.htm

夕方の時間約束のお参りへ向かう車の中で「そういえば、少し前のご法事で奥さんが『投句したら賞をもらい、碑に刻まれている』ということをお聞きした」のを思い出しました。

これから車を置く駐車場の近くとお聞きしたのでちょっと探しましたが、水の都おおがきたらい舟乗船場の目の前にそれはありました。
http://www.ogakikanko.jp/event/fune2014/

句心?が無いので意味は・・・ですが、"形代"って『千と千尋の神隠し』に出てくるあれですよねー。

| コメント (0)

2014年4月24日 (木)

本堂掃除

お常飯・葬儀・還骨勤行、若院はお常飯・葬儀(伴僧)のお参りでした。

Img_23402
本堂の掃除にはいろんなコツが要ります。というか掃除をする者のやり方や思いがそれぞれです。

坊守は小柄で非力からか掃除機を使わずに"ほうき"がいいようですが、ボクは掃除機がいいのでずいぶん以前ですがコードを引き回さなくてもいい充電式のものを買って使ってきました。

ただ、使用時間が限られることと吸引力がずいぶんと弱いのが欠点です。

お義父さんから生前に使わなくなった掃除機ももらってありますが、ガタイが大きくて音がうるさいわりには吸い込みがそれほど強くないので普段使いには不向き。

最近は若坊守(娘)がメインで掃除をするので、「ネットで調べてみると、安くて吸い込みが良さそうな機種が結構あるのでそれを買ったら?」と尋ねたら「充電式で一体型のものがいい」と。

で、あれこれ検討した結果、坊守には冷たい目で見られながら、結局ずいぶん高額の機種を買うことに。

やっぱり使用時間は20分と限られますが吸引力はさすがで、ストレス無く使えるならよく使う道具は使い勝手のいいものに限ると『ボク』は思います。

| コメント (0)

2014年4月23日 (水)

寺報

お常飯・中陰・お通夜のお参り、若院夫婦は若院のお祖母さんの法事にお参りするためにお休みでした。

Img_23312
午後、坊守は小会の坊守会に出席。講師は同じ大垣教区のご住職。熱心に教化活動をしておられる先生で寺報も発行されているとのこと。

実はこの先生はボクが学生の時の後期教師修練の時の班担(班ごとの指導者)でした。そのとき「寺どうしが近いのでやりにくい」と先生は言われたのを覚えてますが、20歳そこそこのそれほど物事を深く考えていないボクには意味は「???」でした。

Img_23342
それはさておき
父が亡くなり住職になって2~3年経った頃(1985年頃?)だったでしょうか、「何か教化活動を」と思い実は寺報を数回配ったこともあります。

682b2
たまたま、もらい物の使いふるしの和文タイプライターがあったので、それを使って2度?(右の2枚)ほど、その後ワープロが出てきたのでそれで3~4度?(左の3枚)

内容は寺の行事のお知らせと本や講義内容の紹介でしたが、構成にばかりやたら時間がかかるのでそれくらいならと、町内にはその度毎に行事のチラシを・他町内には年間行事のチラシを・冊子は毎月縁のある方々に配布する今のやり方に変えました。

寺報は重要な意味があると思いますが、ボクには今のやり方が一番似合っていると思っています。

| コメント (0)

2014年4月22日 (火)

4月の同朋の会

Dscn68072
お常飯・中陰、若院はお常飯のお参りでした。

夜は同朋の会。歎異抄第7章のお話でした。

Img_23282
午後、若院夫婦に同行して土地見学。

夜の状況も見ておいたほうがいいと、9時過ぎから姉・坊守も連れだって再度。

| コメント (0)

2014年4月21日 (月)

法事の案内状

枕経・小会寺院のご法事・中陰、若院はお常飯のお参りでした。

Img_23152
この春に集中した小会3ヶ寺のご法事も今日で終わり、残るは6月に真光寺でお勤めする前住職の三十三回忌のご法事。

ハガキで事前の大体のお願いは済ませてあったので、ボツボツ正式に案内状をと、前もって文章を校正してあった法中・ご法話・親戚宛てと3種類のコピーと封筒の宛名印刷。

Img_23182
封入作業を終えた若坊守が、「文章が斜めやよ」と。コピーした時にちょっと気にはなりましたが、紙折り作業ではとても目だったようで、封筒の宛名の位置・大きさ・書体も気になっていたので訂正の上、すべてを作成し直し。

Img_23252
紙の向きを変えてコピーをしましたがやっぱり文章が斜めに・・・でも、もうこれ以上どうしようもないので、再度若坊守が封入作業の後、投函を済ませました。

Img_23222
ご法事をお勤めされた小会ご寺院は、古くから有名なお茶屋屋敷跡・赤坂ボタン園のすぐ前。

ボタンの花もちょうどその時期だとは思いますが今日は雨が降っていたので本堂裏の駐車場も空いていました。

そういえば今日一周忌がお勤まりになった前住職さんが生前によく「自分の寺に帰ろうとしても駐車場への車の渋滞で、本堂が目の前に見えていても車庫になかなか入ることが出来なくてボタンの時期は困ってしまう」とよく話されていました。

http://www.mapple.net/spots/G02101026201.htm

http://www.city.ogaki.lg.jp/0000000599.html

| コメント (0)

2014年4月20日 (日)

天気ばかりは

お常飯・午前午後ご法事のお参り、若院夫婦はお休みでした。

Syouanji
今日は以前からの天気予報では午後は雨と。

今朝の実際の空模様は曇り、西の山には山頂に雲が少しかかっている程度。

朝刊の天気予報を見なおすと一日中曇りに変わってました。

ここひと月ぐらいの間、日曜たびに朝や昼に花火が上がるのが聞こえ、あちこちのお寺(同じ真宗大谷派)で御遠忌と稚児行列がありました。

いずれも、お参りのお付き合いは無いのですが、何とか雨が降らないことを願っていました。

1_9_2 
2_2
当寺前住職(亡父)が1981年(昭和56年)にお勤めした慶讃法要の稚児行列は大雨の中となり、とても残念な思いをしたので。

今日は"お稚児さん情報"にも載せましたが、同じ大垣教区第十組でご住職さんともよく顔見知りのお寺さんで。

昼過ぎになっても雨が降ってきてなかったので「何とかこのまま天気がもってくれると」と思ってましたが・・・

1時半過ぎ、午後の法事に出かけようと外を見ると小雨が降りだしていました。同時に花火が上がる音も聞こえてましたが、傘をささずに稚児行列を終わることが出来たのでしょうか・・・

| コメント (0)

2014年4月19日 (土)

主客転倒

午前午後ご法事・新築のお宅でのおわたまし、若院は祥月命日・お常飯のお参りでした。

午後の満中陰のご法事は葬儀社の一室でした。以前にも一度、満中陰をここでお勤めしたことがあります。

自宅は部屋(仏間)が狭い・駐車場を確保できない等々、いろんな事情は承知していますが葬儀はともかくご法事を葬儀社で行うのはちょっと違和感を感ぜずにはいられません。

ご自宅が無理なら本堂でとお勧めはしますが"おとき"は料理屋さんに移動してもらわなければなりません。

その点、この葬儀社は結婚式場もチェーン店なので料理やスタッフも充実しているので・・・って、ふと気がついたら考え方が料理(おときですが)メインになってしまってました。

Img_23002
その帰りに寄り道して土地見学。

| コメント (0)

2014年4月18日 (金)

36年前

お常飯・小会寺院のご法事・中陰、若院はお常飯・中陰のお参りでした。

Img_22842
ご寺院のご法事は「先々代ご住職さん」というか、ボクのお祖父さん(父方)の弟さんの三十七回忌のお勤めでした。

要するに真光寺で育たれ同じ小会寺院に、伯母さん(母の姉)と結婚して入寺されました。

というより、説明の順番が逆で、このお二人の仲人でボクの両親は結婚したようですが・・・

ボクの小さいころスクーターのラビット(ピンクナンバーだったと)に乗ってよく来られていたのも記憶にあります。

何はともあれ、
それは36年前の大学3回生の春のこと、京都の大谷大学のフォーク研究会に在籍していて、その日は新入生歓迎コンサートと新入生歓迎コンパがありました。

前々日だったでしょか?電話がかかり、同じ日に「お葬式」とのこと。とても深い関係&小会も同じ、ということでどうしてもボクも参列したほうがいいということになりました。

やむを得ずコンサートとコンパは欠席、1年先輩と二人でグループを組んでいたので先輩には大変申し訳ないことをしたと今でも思っています。

そんなこんなで、忘れられない思い出です。

Img_22792
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000021955.html

昨日届いていた市役所からのアンケート。

記入は連れ合いに頼もうとしましたが、よく読んでみると"無作為に1200人が選ばれた"とのことなので自分の思いを正直に記入。

Img_22872
夕方の時間指定の中陰のお参りに差し障らないように早めのジョギング。とても暖かい一日ということもあって結構な汗をかいたので今年になって初めてシャワーを。

Img_22922
NHKからの手紙で"テレビの設置台数の記入を"と、そういえば本堂にテレビがある場合は別に視聴料がいると以前に聞いたことがあります。

真光寺も本堂にDVD観賞用にテレビは置いてありますがアンテナの配線は引いてないので大丈夫のはずですが。

Img_22952
夜は仏教公開講座へ6人で出かけました。

| コメント (0)

2014年4月17日 (木)

引継ぎ

お常飯・年に2回伺うお宅での三部経、若院はお常飯のお参りでした。

Img_22702
午前中に、
「月に一度のことだから次回は来月の蓮如忌の前にしか使わないけど、忘れないうちにやっておいたほうが」と思い、昨日の町内配布の地図作成を。

配布範囲の住宅地図2枚を貼り合わせ、配る種類別に蛍光ペンで色分け。

実際に作ってみたら「これがあれば配れるよね」と思える出来、次回からは同行は不要になりそうで、仕事をひとつ引き継げたのでホッとしました。

Img_22762
外孫がちょくちょく来るのでベビーベッドが居間におきっぱなし状態。

部屋が狭くなった上に紐につながれた猫がうろうろするので、行き場の失ったギターをどうしたのもかと・・・

で、ふと思いついたのが壁掛け。

注文したギターホルダーが昼食前に届いたので、食べ終わってすぐに取り付け作業。

「高すぎる!」「低いと頭にぶつかる!」「もっと左!」「落ちてきたら危ない!」さんざん二人の娘に罵声を浴びせられながらの作業も15分ほどで完了。

実際に掛けてみると意外に安定感があって、ちょっとやそっとでは落ちてこないようで、なんとかちゃんとしたギターの落ち着き先ができました。

| コメント (0)

2014年4月16日 (水)

初ごと

お常飯・中陰・一巻での満中陰、若院はお常飯のお参りでした。

Img_22652
午後は若院夫婦と3人で町内の配り物。同朋の会のちらし・同朋新聞・今月の冊子

なんせ初めてのこと、慣れていないということもあって始めのうちはゴテゴテ手間取っていましたが後半は結構順調で、予想していたよりも早く、1時間半ほどで終われました。

ひと月に一回のこと、配り方を覚えるまでしばらくは一緒に回るしかないのでしょうか?・・・

Img_22612
作務衣姿の若院ではありますが、写真を見る限り"ポスト(郵便受け)荒し"にしか見えないのですが・・・ 

| コメント (0)

2014年4月15日 (火)

歳?

お常飯・中陰のお参り、若院夫婦はお休みでした。

お常飯から帰った後の午前中に、22日に予定している同朋の会の案内チラシを配るつもりでしたが、明日の午後に若院と回って配り方を覚えてもらうことを気づきました。

お参り事のチラシを配り始めたのは25年ぐらい前だったでしょうか? バイクで町内110軒ほどに配る所要時間は1時間強、以前はそれほど苦には感じない、というよりはむしろ張り切って出来ていましたが、最近ではちょっとシンドイ感が・・・

一緒に配る同朋新聞・二十八日講の会員さん宅にはそのご案内・お常飯に伺っていないお宅には今月の冊子、お宅によって投函物が違うのでそれを覚えるだけでも大変かもしれません。

わざわざ手配りでお届けする必要はないと思うのですが、なにか簡単な配布方法はないものでしょうか?

Img_22512
午後、フラワーアレンジから帰ってくる坊守を待っていては遅くなると思い早めのジョギング。堤防から鯉を見かけることはいつもですが、今日は2~3箇所にものすごい数が集まっていました。

Img_22602
夜7時前、中陰のお参りから帰りバイクを置いて東の空を眺めたら満月が。そういえば今日は日本のどこかで月食が見られるとラジオのニュースで聞きましたが・・・

| コメント (0)

2014年4月14日 (月)

納得はしているものの

お常飯・御移徒(お仏壇のお洗濯後)・中陰、若院はお常飯のお参りでした。

計算してみると、今日はお参りにかかった時間は二人とも約4時間ずつ、お勤めの内容やその時間帯はそれぞれですが、所要時間はうまくバランスが取れたように思いましたが、1軒目は朝6時半から、最後のお宅から帰ったのが夜の7時半というボクの日程は、若院の1軒目が8時からで最後のお宅から帰った午後3時までと比べるとちょっとどうかな? でした。

Img_22442
そのお参りから帰った夜7時半、満月と思われるお月さんが東の空に。サイト検索で真満月は明日の16:42 とのことでした。

| コメント (0)

2014年4月13日 (日)

ご法事のない日曜日は

お常飯、若院はお常飯・中陰のお参りでした。

日曜日の今日でしたが、以前からお引き受けしていたご法事は都合で日にちを変更され、その後もご法事のご依頼は入らなかったので、若院が出勤してくる前の1軒の常飯だけお参りして、後はすべて若院に任せました。

午後の売り地見学と夕方のジョギング以外は何をするでもなくゆっくり一日を過ごしました。たまにはこんな日があってもいいと思いますが今後はこんな日が多くなるかも、です。

Img_21612
そうそう、
先週の日曜日、6日の午前中のご法事にお参りされていた方が「お東の門首代わられますね、今朝の新聞に載ってましたよ」と。

寝耳に水、というより新聞をほとんど読まないので「ああそうですか?うちのような寺まではいちいち連絡くれないので知りませんでした」と、ちょっとすね気味に答えました。

Img_21602
帰って坊守に尋ねたら「昨日の夕刊にも載っていたけど」と。

以前にも同じようなことが何回かあったように覚えてますが、こういうことって、本山の情報に詳しくない者にとっては初めは新聞から教えられることが多いです。

ただ、すぐに門首が代わるというわけではないし、後継者が正式に決定すれば何らかの発表があるとは思いますが・・・

| コメント (0)

2014年4月12日 (土)

親類住職さん二人と

お常飯・ご法事、若院はお常飯のお参りでした。

ご法事では地元のお寺のご住職さん(ボクのいとこの子供さんにもあたりますが)もご招待でご一緒でした。

伽陀の後の表白中に、むせこんでしまったことを後で「大丈夫?」とたずねられました。

「お常飯は若院がお参りしてくれるので、ご法事の前はずっとノドを休めていて、いきなり声を出したらむせてしまった」と。

ありがたいことでもありますが、ほかの事に気をとられていてということもあるので、気を引き締めなければいけません。

Img_22422
午後は従兄ご夫婦が来寺、ちょうど昨日紹介した母の実家の住職さん。

テレホン法話を書いた長男さんとお参りを分け合っているので余裕が出来たこと、以前ならうらやましく聞くしかなかったですが、当寺も同じ状態になりつつあります。

近況等々、ボクと違い話し上手な従兄と姉・坊守・若院夫婦も一緒にしばし快談。

Img_22312
夕方、ジョギング。

Img_22342_2
境内にも花が咲いています。

| コメント (0)

2014年4月11日 (金)

大垣別院ネタ2件

お常飯・中陰、若院はお常飯のお参りでした。

Img_22132
中陰のお約束の時間待ちで大垣別院の境内駐車場で待機中に、

Img_22262
4月下旬に別院で勤まる春の法要の懇志の"お願い"が送られて来ていたことを思い出しました。

以前は年行事さんに福田町内の"お集め"をしていただいていたのでそれを持って行っていたのですが、何年か前に廃止しました。

Img_22162
「どうしたものか」と坊守に電話すると、「とりあえず」ということで相談がまとまり、お納めすると「法要時のおとき券を」と、「いりません」と答えたら代斎の"モコモコふきん"をいただきました。

Img_22202
午後、買い物に出かける坊守が「鍬を買ってくる」と。たしか柄がはずれたのがあったはずで、そう言うと「直せるなら」と。

Img_22222
早速作業、とりあえず釘で固定はしましたが実際に使ってみないと・・・です。

Img_22232
夕食は3人で鍋、鶏塩味。 

丸鶏がらスープにみりん・塩・砂糖・味の素・コショウ、思いつきで入れたコショウのアクセントは絶妙で最後は雑炊も。

http://blog.goo.ne.jp/zenrakuji/e/f25106738d3a0a1bf4f0ad20a39f0806
御隣寺、荒尾町善楽寺さんのホームページに大垣別院のテレホン法話の紹介が。

去年の夏に亡くなったおばちゃん(母の実家の亡兄の連れ合いさん)のことをお孫さんが書いておられました。

大垣別院テレホン法話
http://www3.ocn.ne.jp/~gobosan/tel-2014/tel-2014.html

| コメント (0)

2014年4月10日 (木)

思いついたことを

お常飯のお参り、若院夫婦はお休みでした。

Img_21972_2
真宗勤行聖典、お常飯以外は経本(折本)でお勤めしますが、すべてのお参りの時に必ず携行するお勤めの本。

もともと、表紙・裏表紙・背が一体となったものですが、開いて置いても勝手に閉じてしまうので背の部分だけ切り取って、代わりに製本テープを貼っています。

Img_22002
その製本テープ部分が経年で傷むのでその修理を。

初めのころは白色でしたが赤白のツートンは仏事には・・・で、黒色に変えましたが、最近は同色の赤を入手したので。

この本はほとんどといってもいいほどのお勤めが載っているので、
お常飯では和讃すべてと御文はこの本に載っている拝読文(歎異抄も)をすべて含めて、それぞれ回り口(順次)でお勤めしています。

Img_22082
夕方、久しぶりに足を延ばして大垣市草道島にあるスポーツ公園の往復、ジョギング距離約6.8kmを48分で。

Img_22042
姪の結婚式の引き出物だったカタログギフトの商品が届きました。

結婚式の記念ということで、めでたそうで残るものがいいと思い、いろいろ迷いましたが我が家にはこれかな?! チタン製2重タンブラー。

Img_22102
夕食に早速使ってみたところ、ステンレス製は去年から使用していて氷の持ちがいいので重宝してますがチタン製は軽い!!!

| コメント (0)

2014年4月 9日 (水)

今年初のクリーンセンター

若院とそれぞれ、お常飯・中陰のお参りでした。

Img_21802
お参りの途中、街中で約束の時間待ちで車を止めていたら、すぐ横の水門川を船が・・・話にはよく聞いてましたが初めて見ました。
http://www.ogakikanko.jp/event/fune2014/

Img_21852
昼過ぎ、若院夫婦で可燃ごみをクリーンセンターへ。
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000002531.html

実際に詰め込んでみると、思っていたよりずいぶん少なめで、まだまだ余裕がありましたが、
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000007451.html

Img_21892
実際には140kgで料金は1400円、かさが少ない割には重さはあったようです。

| コメント (1)

2014年4月 8日 (火)

最近気になっていること

朝夕にじげ(町内)のお常飯、若院は午前中にお常飯と午後に中陰のお参りでした。

Img_21582
午前中、ご法事でお勤めするたびに気になっていた経本の修理。

装束と一緒にカバンの中に入れっぱなしなので、ご法事から帰ってホッとするとすっかり忘れてしまいます。

大学卒業後に初めて手にした昭和法要式(三部経)で、それまでに読めていた阿弥陀経・正信偈以外をこの経本で練習しました。

使い始めて34年、ざっと計算してみるに、たぶん3000回は三部経をこの経本でお勤めしたと思いますが、さすがに耐用年数(回数)が終わっているような気がします。

でも、新しいのに換えることはいつでもできるし、愛着があるので、使える限りご法事には一緒してもらうつもりです。

Img_21632
今日一番で伺ったお宅でおばあさんに「花ありますか?スイセンがたくさん咲いたので」と尋ねられました。

前後に行事があまりないので本堂の花瓶にはヒバだけが活けられているのを見て知っていたので、そう言うと「また持っていきます」と。

2軒目のお参りを終えて帰ると山門で帰られるところにバッタリ。もう持ってきてくださったんやと思い、お礼を。

早速坊守が活けて、おかげさまできれいなお荘厳になりました。

Img_21742
ちょっと前になりますが、同級生で地元の業者さんが「庫裏の棟のシックイがだいぶ傷んでいるよ」と。

他の場所の目立つ部分のシックイは剥がれてきているのが気になっていたものの、こんな場所は素人には指摘してもらわないとわからないこと。

屋根のふせ直しから50年弱、南半分はそれまで乗っていた状態の良いものを使ったので、瓦自体は90年弱のシロモノ。

まだしばらくは大丈夫ならシックイだけ修理してもらうのが最善策だとは思うのですが、作業の足場になる瓦がもつか? いくらかかるか? 

悩ましいことです。

| コメント (0)

2014年4月 7日 (月)

本格始動

お常飯・中陰のお参り、若院夫婦はお休みでした。

Img_21552
午後、お休みの若院も時間前に来て、一緒に大垣教区同朋会館(大垣教務所)講堂での聖典学習会へ。

講師はこの一年間大学でお教えいただいた教授なので若院は休憩中にご挨拶。

終了後、別院近くの法衣店へ。 http://www.yoshidahouiten.jp/

以前から注文しようとカタログを見て検討していた、若院の夏・冬用の金襴と無金の五條袈裟を頼みに。

ボクが持っているものと色がかぶらないように、何とか納得できるように四着?を注文。

本格的にお参りに出始める4月に間に合うように注文してあって出来上がっていた若院用の夏・冬用の裳附・表袴と桧扇を持ち帰りました。

ただ、消費税のことは考慮外だったので、こんなことなら五条袈裟も早く注文しておくべきでした。

| コメント (0)

2014年4月 6日 (日)

調子は上々

お常飯・午前午後ご法事・納骨の墓経、若院はお常飯のお参りでした。

午前午後のご法事で、三部経を一日に2回お勤めするのは精神的にも肉体的にもシンドイものがありますが、若院がお常飯のほとんどをお参りしてくれるので、ご法事の前はゆっくり出来るようになったためか、ノドの疲れは以前と比べると格段に楽になったように感じます。

Img_21522
若院は午前中にお常飯のお参りを終えて、タイヤ交換のために乗ってきた母親さんの車の作業を。

買って以降始めてまともに使った新しいコンプレッサーの調子は上々のようですが、これで今シーズンのタイヤ交換は終了しました。

| コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

設定で便利に

お常飯・ご法事・中陰、若院はお常飯のお参りでした。

Img_21432
夕方、境内のドウダンツツジ、満開にはまだちょっと早いですが。

Photo_3
昨日の夕食会に早めに来ていた姪が

「インターネットやるときに、いちいちその都度に入力モードを"ひらがな"にするのは面倒やけど何か方法はないの?」と。

確かに、"ひらがな"のつもりが"半角英数"入力になってしまっていて打ち直すことしばしば。

「そうか、どこかの設定でなんとかなるかも」

と思い、早速検索してみると「Windows 8」の設定方法はいろいろヒットするものの「Windows 7」は・・・

今日も時間の合間にいろいろやってみてもやっぱり無理。

夕方、中陰のお参りから帰り、長男にそのことを伝えたあと、一人で時間遅めの夕食を食べ始めて10分ほどしたら、

「出来た」と。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1037780945

input[type="text"],input[type="search"], textarea { ime-mode : active;}

検索でサイトに当たり、使いやすいようにデータも少し変えたらしい。

早速、自分のパソコンを設定して、姪にはLINEで方法が見つかったことだけは伝えました。

| コメント (0)

2014年4月 4日 (金)

卒業祝い

お常飯・中陰、若院はお常飯のお参りでした。

昨日に引き続き、今日は若院夫婦が加わって寺務法務室の模様替え作業。

たんすの引き出しの名札付け・アイロン台の設置等々少しずつ進んではいますが、やっぱりまだ、とりあえずの状態。

Img_21402
ジョギングに出ると、工事中の杭瀬川に花筏(ハナイカダ) 。

Img_21422
夕食は姉のおごりで若院の卒業祝いの8人での食事会、おいしい焼肉でした。

| コメント (0)

2014年4月 3日 (木)

寺務法務室を

お常飯2軒のお参り、若院夫婦はお休みでした。

朝のうちにお参りが終わり、坊守と寺務法務室の模様替えを。

二人で使ってきた二部屋を若院夫婦も使いやすいように。

実際に試してみないと使い勝手はわからないので、とりあえずの感じ。

Img_21372
昼食前・昼食中にNHK岐阜の「みのひだ情報局」という番組を見るのですが、去年加わったキャスターは個性的ですが今年もなかなか・・・で、我が家では話題騒然です。
http://www.nhk.or.jp/gifu/program/b-det0001.html

| コメント (0)

2014年4月 2日 (水)

負担軽減

お常飯・祥月命日・中陰・おわたまし、若院はお常飯・中陰のお参りでした。

Img_21362
昨日に予定していたもののすっかり忘れていましたが、本堂を平常のお荘厳に戻しました。

・・・元来の3月の永代経期間と前住職の祥月命日が一昨日(3月31日)で終ったので・・・

というものの、ボクはお参りの都合で一切かかわっておらず、今回は若院がすべて作業してくれました。

お参りも(特に現在7軒の中陰も)若院と二人で代わりあって伺えるので気分的にも負担がものすごく軽く済んでいます。

| コメント (0)

2014年4月 1日 (火)

お花見

お常飯・中陰、若院はお常飯・祥月命日の一巻のお参りでした。

本当は2~3日後がベストと思われる笠縫堤の桜。予報では明日は曇り、明後日・明々後日は雨が降ると。

S__80199772
ボク的に毎年恒例になっている花見に出かけるなら今日かと思い、昼過ぎ、もともと行くつもりをしていた若院夫婦に同行してチャリで。

Dscn679902
満開の木もありましたがやっぱりまだ8分9分咲きといったところ。

Dscn68022
北大垣近くでは久しぶりに電車も写し込むことができましたが・・・

約1時間半、それほどの運動でもなかったと思うのですが去年までと違い、なぜかちょっと疲れました。

| コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »