« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

金子先生の言葉

中陰・お常飯・ご法事を若院と分けてお参り。

若院はお参りの合間に、明後日の9月2日にお勤めする永代経の準備で内陣のお荘厳を。ただ、タイムアウトで途中まで。

Img_41502
先日分解掃除したリビングキッチンの天井換気扇。内部はきれいにしたものの、カバーの経年変色が気になったので新しいものに。

調べて探せばあるもので、書かれた型番を見てなんとか取り付けられそうなフィルター付きの物を通販で。

Img_41512
ついでに脱衣室もフィルター付きのを。

Img_41432
そんなこんなで、いろいろ見ていたら、以前は高額で購入をためらった角型LED照明がずいぶん安くなっていたので、庫裏の3部屋の座敷照明を交換。

それぞれ、8畳・10畳なので余裕を持たせた12畳用にしましたがそれほど明るくなった感は・・・

Img_41482
今日ふと目にした言葉。

ご法事の時、お勤めの後の法話(10分ほどの感話程度ですが)で最近お話している内容が自分勝手な解釈になってしまい不安に思ってましたが、金子先生の言葉で解釈が間違いなかったことを確認できてホッとしました。

| コメント (0)

2014年8月30日 (土)

御親修

お常飯・ご法事を若院と分けてお参り。

Img_41402
午後、大垣教区第十組の組門徒会に参加。

真光寺選出の3名の組門徒会員さんもご出席くださっていました。

人口が減る中、ご門徒も当然少なくなるが寺院の維持は・お参りの人を増やすには・興味を持ってもらうには等々、いつも問題に上がることですが解決策って・・・

Img_41412
山門に貼られていたチラシ、比較的近くのお寺さんのことなので貼られていたのか、何らかのご関係があるのかは知りませんが。

そうそう、ご門首御親修は以前にどこかで聞きました。

| コメント (0)

2014年8月29日 (金)

8月の同朋の会

今日もお参りはお常飯のみ。朝食前で終わり、若院は午前中に3軒。

午前中は来月配布の冊子のコピー等、少々の寺務作業。

Img_41342
昨日の組会で若院がもらってきたあまり大きくない手提げ袋。

2013年度経常費御依頼御完納記念品とあり、去年までの月刊誌『真宗』の保存用ファイルがこれに変わったようです。

Img_41372
夕方、いつものように出かけようとすると若院夫婦が「一緒に」ということで。

決して無理のないスロージョギングもふだんやってないと結構しんどいらしい。

Dscn69112
夜は同朋の会、歎異抄第八章でした。

| コメント (0)

2014年8月28日 (木)

諸寺務等

お常飯のお参りだけで、朝食前と夜の時間指定はボクが、午前中は若院がそれぞれ数軒ずつ。

Img_41192
朝食後、午前中かかって寺務等。

まずは本堂内掲示を。

Img_41302
真宗大谷派宗務所発行の月刊誌『真宗』に同封されていた、奥羽教区教化委員会発行の《不戦ポスター》2枚。

Img_41202
続いて、郵便局へ。

昨日、若坊守が10万円を超える法衣代金を振込みに行ったら、案の定「振込み人名が寺院名では手続きが・・・、個人名にしても免許証等の証明できるものがいる」と言われたらしいので。

コンビニ払いならこんな面倒なことにならないので、コンビニ兼用振込用紙だとよかったのに・・・

Img_41232
続いて、永代経志法名軸に法名等の加筆。

3月の永代経以降に上納いただいた13名分を。

http://www3.ocn.ne.jp/~gobosan/kyoku/k_jyouhou.htm

午後2時半からの大垣教区第10組の組会(大垣教務所の大広間にて)へは若院が出席。

いろんな行事を経験することや、他のお寺さん方と顔を合わせておくといいと思うので。

若坊守の送り迎えで、迎えにいってそのまま帰りました。

Img_41272
夕方、ジョギングに出ると遠くに久しぶりに見えた青空。

| コメント (0)

2014年8月27日 (水)

一応お休みの日

朝に時間約束の中陰のお参り。

お参りをお休みにしてあった日だったので若院夫婦はお休み。

Img_41152
午前中、来月配る冊子(本の紹介をA4用紙表裏両面分)の作成作業を。

Img_41112
夕方届いた若院の冬用の金襴五条袈裟。

注文時、「6~7月中には」ということでしたが、やっと仕立てあがったようです。

ただ、冬用なので衣替えの10月までに間に合えば良かったので、支障はありませんが。

| コメント (0)

2014年8月26日 (火)

四半世紀

今日もお参りはお常飯だけで若院とそれぞれ数軒ずつ。

朝食前の7時半までと夕方時間指定はボクが、8時前から午前中のお参りは若院。

Img_40832
朝6時、本堂内にセミが。

昨日の夜、二十八日講の間「ジーッ・ジーッ」とたまに鳴き声が聞こえてましたがその姿は見えませんでした。

天井裏にでも迷い込んでいるのだろうと思ってましたがどうやら室内に閉じ込められていたようです。

この後、戸を開けて突いてやると外へ飛んでいきました。

死んだふり・・・というか、最後の力のひと絞りだったのでしょう。

Img_40902
午前中にも時間がじゅうぶんあったので、昨晩飲んでいる時に気になったリビングキッチンの天井換気扇の掃除をしました。

四半世紀前に取り付けた換気扇で一番外のカバーは簡単に取り外せるし、汚れたらそのたびに掃除はしてきましたが、シロッコファンの羽根は真ん中のナットをはずしても取り出せる構造ではないので、汚れは見えて気になってたものの今までほかりっぱなし状態。

少し小さいサイズの同時期に取り付けた脱衣室の換気扇も、不可能に思っていた分解掃除を1~2年前にできたので、とにかく挑戦してみるっきゃないと。

とりあえず、羽根をカバーしている部品を止めてあるビスを2~3本はずしたものの、びくともしないので一旦はあきらめて、ビスを元に。

気を取り直してもう一度、今度はすべてのビスをはずしてみたらいとも簡単に部品がはずれ、羽根が取り出せる状態に。

Img_40952
四半世紀分の油分やほこりで、換気機能が何パーセント働いていたか???状態。

Img_40982
熱湯と洗剤で汚れを洗い流して元へ。

Img_41022
庫裏の流し台の天井部分にも同じ時に取り付けた同じ型の換気扇。

時を改めて、と思いましたが「やらな、やらな」と思っているよりも、と、思い切って続きで作業を。

こちらはごくたまにしか使わないのでそれなりの汚れ程度&作業勝手も存知。

Img_41052_2
で、15分ほどで作業終了。

音も静かになったし、長年気になっていたのがこれでスッ!としました。

・・・今度は一番外のカバーが黄ばんで変色しているので気になりだした・・・

| コメント (0)

2014年8月25日 (月)

起工式

午後に時間指定のお常飯が一軒ありましたが、お常飯が若院とそれぞれ数軒ずつ、午前中は時間に余裕を持ってお参りが終わりました。

Img_40812
昼前、若院夫婦がクリーンセンターへ。

本堂やお墓のお花の"立てガラ"、昨日作業したジュータン等で、130kgの可燃物だったそうです。

Dscn68912
午後3時過ぎ、住居建築予定地で起工式を執り行いました。

予備練習が功を奏して、お飾りの準備もスムーズに。

Dscn69022
願主は若院。

Img_40882
ほとんどパクリの表白も拝読しました。

雨が降るといけないのでテントを用意してもらってましたがその必要もなく、暑くて汗だくになりながらでしたがなんとか無事に10分ほどで終了。

普通は地鎮祭を神主さんが行っておられるようで、建築業者さんも仏式は初めてのようでした。

Dscn69042
昼のちょっとした疲れを引きずったまま、7時から二十八日講。

ご命日のお勤め・読経(仏説阿弥陀経)の稽古・仏教讃歌練習"そよ風に"の復習と"いのち"・座談

| コメント (0)

2014年8月24日 (日)

シンドッ!

お常飯・ご法事・中陰と、時間ギリギリではないものの午前午後とも若院ともどもお参り。

Img_40742
昼食後、「これやらん?!」と坊守。

以前から気になっていた居間隣室のカーペット。

30年以上前からひきっ放しで、汚れている上に高温多湿の時期になるとノミやダニの発生源になっているよう。

あとにお参りがあるときは差し障りがあるので重労働をすることは避けるのですが、若院とそろってお参りまで2時間あったので早速作業に。

Img_40782
ピアノ・本棚・カラーボックスの移動と掃除等々、両坊守と4人で1時間ほどかかりカーペットを取り除きました。

その後、お参りまでの1時間は昼寝&休憩できましたが、肉体的にキツイものが・・・明日以降の筋肉痛等もちょっと心配。

| コメント (0)

2014年8月23日 (土)

イメージを形に

午前中はお常飯・ご法事を若院と分けてお参り。

Img_40682
昼食後
起工式に備え、以前から画像検索でよその様子を確認したり頭の中でイメージしたりしてましたが、いよいよ明後日に迫り、準備する道具等を揃えて試しにお荘厳を。

まっ、こんなもんかなっ!

Img_40712
坊守が駐車場脇の垣根の根元の狭い土で大事に育てている野菜等。

スイカもそれらしいのが出来ていましたが、ひびが入ってしまったと。

場所が場所だけに栄養も足りないのではと思えますがこの大きさ。

冷やしたのをいただきましたが甘さはほどよく、「食べれるものができるんや」とちょっと驚き。

Img_40722
午前中に届いていた、京都の法衣店で6月に注文した衣。

同じ色の合繊品は比較的新しいものを持ってはいますが、これは一番薄手ではありますが正絹。

今後何度着用できるかは不明ですが、この手(裳付)の衣の購入はこれが最後のつもりです。

| コメント (0)

2014年8月22日 (金)

14回/8月

午後はお参りは無し、若院夫婦は昼に帰りました。

Img_40642
午後、天気がどんどん怪しくなり3時頃には30分間ほど雷と土砂降り、外気温が下がったので冷房を切る。

Img_40602
午後5時、いつものようにジョギングに出ると外は雨。その雨がいい具合に体にあたり気持ちよく走れた。

| コメント (0)

2014年8月21日 (木)

お休みは交代で

お常飯・中陰を若院がすべてお参り・・・ゆえ、ボクはお休み。

Img_40532
朝6時に露天風呂、7時から岩盤浴、8時過ぎにバイキングの朝食。

おかずメインで食べ進めたら、大盛りでお代わりのつもりのご飯は1杯でギブ、でも食後のヨーグルトと缶詰フルーツはしっかりと。

食後におさらいのお風呂。

Img_40572
11時前にチェックアウト、道中にあるホームセンターへ。

久しぶりにゆっくり店内を回って、以前から買わなければならないと思っていた物・予備を切らしていた物等々、思い出しながら。

今は必要でもないのに、見ているとついつい欲しくなって、「いる時が必ず来る」と電気部品等も・・・

| コメント (0)

2014年8月20日 (水)

行ける時は

中陰が2軒あったものの、お参りは午前中で終わり。

Img_40402
昼前、予約が取れたので午後から一人温泉へ。

Img_40512
初めて入った部屋、予約した時に「シングルの予約はいっぱい」といわれたのでダブルの部屋?

ベッド自体の大きさはあまり変わりないように見えたが、部屋は二人がけのソファーもあってちょっと広め。

寝る前に自販機で缶ビールと缶チューハイを買って飲むのが定番なのに缶チューハイが"売り切れ"でちょっとショック。

| コメント (0)

2014年8月19日 (火)

お休みにしたわけではないのですが

今日はお参りの予定が一軒も無く、要するに必然的にお休み。

若院夫婦は明日までの3連休中。

Img_40302
ほぼいつもの時間に目は覚めたものの早い時間に起きる必要は無いので、血圧を測ったりテレビを見たり寝床でゆっくりしていると7時半過ぎにtel。

苗字は聞きましたが声がどうにも聞き慣れないし、お勤めの本がほしいと言われるのですが会話がちょっとかみ合わず???

"よく知っている○○さんじゃない?" "話したことが無い違う○○さん?" "寺を間違えて電話をかけられた?" いろんな思いが頭の中をぐるぐると。

とにかく、在庫があったのでそれを伝えると「もらいに伺う」と。

坊守に本を揃えて渡し、そのことも話してすべてを任せると、すぐに受け取りに来られたのはよく知っている「○○さんだった」と。

特別な状況でずいぶんと意気込んでおられた様子だったらしく、声のトーンも違っていたのかもしれません。

なんだかんだで納得。。。

Img_40322
午前中、排水マスの排水出来るフタを買いにホームセンターへ。

ほぼドンピシャのが見つかり早速取り替えてみました。

最近の局地的豪雨、これで降った雨水が思ったようにはけていくといいのですが・・・

とりあえず今日やったことはこれだけ、あとはダラダラと。ただ夕方のジョギングは欠かしませんでした。

| コメント (0)

2014年8月18日 (月)

注意一秒

少ない軒数のお常飯のお参りだけ。若院夫婦はお休み。

今日は何日ぶりかの晴れ間、ずーっと屋内外ジトジトベタベタでなんとも気持ち悪かったけどあちこち開け放して少しは湿気も抜けた感じ。

Img_40212
お参りから帰った昼前、以前若院がお参りの折に預かってきた数珠の修繕作業。

切れたほうは組紐の具合を見るとたぶん以前にボクが修繕したもの、もう一方は傷んだわけではなく「切房仕立てが宗派に合ってないみたいで気に入らないらしい」(若院談)とのこと。

これらはあくまで、略式念珠なので房の色や種類を気にする必要もないし、それほど使われた様子もなく通し紐もまだしっかりしているのでもったいない気もしたけど・・・

Img_40222
YouTubeで吉田拓郎のラジオ番組出演の録音を聞きながら、一番オーソドックスな茶色で仕立てました。

Img_40252
夜は大垣別院仏教公開講座へ5人で、体調のすぐれない姉は保育士の仕事には一日行ったようだけどこちらはパス。

昨日手の小指を折って奈良に帰った姉は今日病院へ行くと
「指の名医がいる病院では、『手術が必要だけどここでは順番待ち等で治療までに日にちががかかるし、それほど難しい手術ではないので他の病院にいったほうがいい』と言われ、次の病院で手術の日を決めてきた」と。
後に1週間の入院が必要だそうで、一瞬のミスが大変なことになるものですね。

| コメント (0)

2014年8月17日 (日)

要注意!

Img_40102_2
お常飯・中陰・ご法事・本堂で一巻での七七日・おわたまし・馬頭観音のお参り、時間的には窮屈ではなかったもののちょとだけ疲れが・・・

若院夫婦は若院のご親族と午後だけ一緒したいと早めに帰ることを希望しましたが、午後4時にお参りが重なっていて断念。一昨日から2泊しましたがお参りから戻るとすぐに帰りました。

Img_40142
小雨の降り続く中、ジョギング。

戻って、柔軟体操中にゴムひもが切れていることに気づくが、もう予備の替えはない。

今のところ1本だけなので切れたまましばらく様子を見るか、それとも買い置きしてある違うゴムひもに換えるか・・・

Img_40162
"おゆうじ"の時、姉に依頼された仏壇のお勤めも。大きい仏壇に買い換えたので、必要が無くなった前のものをご両親が住んでいた松山の家から引き上げてきたと。処分は後日。

二人の姉が・・・

隣町に住む姉が今朝早く、持病のメニエール病を発症したらしく姪(姉の娘)に病院へ連れて行ってもらい検査と治療をしてもらったとの事。

一昨日から来ている奈良在住の上の姉、朝スーパーでこけて左小指の付け根関節部分を骨折。近くの外科病院で診察の結果「治療がちょっと厄介なので、帰ったら大きな病院で診てもらうように」と。

歳はそれぞれ63・60・56、無理は出来んし、注意しなあかん年齢になったとつくづく思い知らされる。

| コメント (0)

2014年8月16日 (土)

雨漏り

午前中はお常飯・盆経・ご親族だけお参りのご法事とお取越、午後と夕方には時間指定お常飯数軒、それぞれ若院と分けてお参り。

Img_40012
朝、「おあさじ」に本堂へ行くと手前の階段が水に濡れた状態。

あちこち確認すると、階段の周囲全体(内外の廊下・柱)がしっかり湿っている。

そういえば昨晩寝た後に、土砂降りがあったのをウツラウツラしながら聞こえていたのを思い出した。

結構なひどい状態ゆえ、どこがどうなってこうなったか判断がつきかねたものの、本堂北側の屋根と太鼓楼の屋根の谷部分がたぶんどうにかなったのではと推察。

屋根と屋根が重なり合う谷は雨漏りの定番なので。

Img_40052
仕事が一段落した午後、雨の降る中、若院と屋根に上がり確認。

案の定、ゴミ(木の枝? 鳥か動物の糞? 木の実?)が排水口部分におおいかぶさって流れ落ちづらい状態。

Img_40072
早速取り除いたあと、他の部分に溜まった泥や剥がれ落ちた漆喰も取り除き作業終了。

雨漏りの原因がハッキリしたので一安心。

Img_40092
夕食は昨日とはメンバーが少し入れ代わりましたが、10人でスーパーのお寿司。

Pond182
(イメージ画像)

夕食中ずーっと雷の稲光だけが見えてましたが、最後にこのあたりも30分~一時間ほどすごい土砂降り。

「昨晩の雨で駐輪場一体が浸水した」といっていた若坊守の言葉を思い出して見に行くと、真ん中に穴が一つだけ開いたコンクリート製の排水マスのフタでは吸い込まれる量が追いついていなかったのでフタをずらしてスキマを開けました。

このフタは格子状の鉄製の物に変えたほうが良さそうです。

| コメント (0)

2014年8月15日 (金)

お盆って

お常飯・盆経・墓経、軒数もそれほどではなく午前中に若院と分けてゆっくりしたお参りで終わり。

Img_40032
昼食後早々、今にも雨が降ってきそうな中、若院夫婦は昨日出来なかった配り物を。

途中で雨宿りをしなければならないほどの降りになり、残念ながら国道21号線の向こう側の数軒は明日以降ということに。

Img_39972
夕方、若院夫婦・姉二人と土地見学。

すぐ上の池に行ってみると、遠くを見渡せるなかなかのロケーション。

Img_39992
夕食は9人で鍋。

Img634071892
(イメージ画像)

今朝、お参りに伺ったお宅で、お内仏の前に置かれた果物セットにシールが。

お念仏の心でいただくと、ご先祖さまはお浄土からいつも願いをかけ見守ってくださっている諸仏。

Tanzaku2
"千四百年に及ぶ、日本の伝統。"・・・なのかもしれないけど、どうしても真宗の念仏とはそぐわない感をもつのはボクだけ?

| コメント (0)

2014年8月14日 (木)

小雨が

午前中いっぱいかかってそれほど時間的には窮屈ではないもののお常飯・祥月命日、午後は夕方に時間指定の数軒のお常飯・お盆経、若院とそれぞれ分けてお参り。

気温はそれほど高くないもののジトジトしてとても蒸し暑い一日、時折小雨ながら傘をささなければならないほどの降りも。

Img_39962
若院夫婦が朝から準備をしていたので、時間が空く昼食後に配るはずにしていたと思われる今月の配り物。

2
今月末・来月初めと立て込んでいる行事のチラシ。

ちょうど雨が降っていて今日は断念したよう・・・今週中に配りたいらしいのですが。

| コメント (0)

2014年8月13日 (水)

お礼参り

お常飯・盆経・祥月命日の一巻・中陰、若院との手分けがうまくできて、午前中いっぱいかかってそれぞれお参り。午後の時間指定のお常飯一軒はボクが。

Img_39912
若坊守の島根みやげ。

昨日、一泊した神戸から米子空港へ日帰りで、水木しげるロード(境港)と出雲大社観光に行ったそうです。

甘いのは得意じゃないですが、シジミは朝の味噌汁でいただくのが楽しみです。

・・・味もそうですが、アルコールで弱った内臓に効くといいのですが。

そういえば、 こんな映像 もLINEで。

Img_39932
夕方、お礼参りに。

午前中に一度来られて今後の相談は済みましたが、「本堂へのお参りとお礼をお持ちします」とtelがあり。

いつもは坊守に任せて、ボクは同席しないのですが午前中の折に2~3の質問があったそうなので、そのお話をさせていただきながら本堂でお布施をいただきました。

Photo
「お礼参り」の意味が了解されにくいのと、お布施の額を尋ねられることが多いのでその参考までにと、葬儀後に文章をお渡しします。

『お尋ねがあった時はだいたいの金額を提示したほうが親切』という意見も多く聞きますが、極端な話になるかもしれませんが、もし千円でも、たとえ1千万円でも「ありがとうござます」と頂戴して相談どおりのお参りをさせていただくだけですから。

・・・今まで千円や1千万円というお布施はいただいたことがありませんが、念のため。

| コメント (0)

2014年8月12日 (火)

香典返し

若坊守は一泊旅行につき昨日に引き続きお休み。

Img_39862
今日は違いましたが
この葬儀社ではお香典を出すとその金額に応じた商品一覧の中から自分で香典返しの品を選ぶ方法を採用していて、今までに2回そういう機会がありました。

「どれがいいですか?」と、係りの方が待っているところで瞬時に決めるのは難しいので、この方式はあまり好きではありません。

ただ、満中陰の後に、となるといろいろ手間もかかるので、「これのほうが簡単に済ましてしまえる」ということはいえますが。

Img_39902
いよいよ迂回開始。

今日は雨も少しだけ降りましたがそれで道路が濡れているんじゃなくて、毎日仕事が終わった午後5時頃に散水車で大量の水をまいて泥等の汚れを流す作業がなさています。

Img_39932
「橋脚と側道を作っています」の大きなイラストの看板も立ちました。

Img_39992
夕食は4人(連れ合い・長男・二女)でお好み焼き。

ホットプレートでそれぞれが自分の分を作ります。

先日広島(三原市ですが)で食べたのを参考に、生地は極力薄く・そばはパラパラにほぐして。

ソースは広島の「おたふくソース」も使いますがやっぱり自分で作るのが一番で、ウスターソース・トンカツソース・ケチャップ・味の素・砂糖・塩・コショウ・一味唐辛子を煮立てて。

納得の味、美味しかった!

| コメント (0)

2014年8月11日 (月)

スーパームーン

Img_39662
昨日、若院が「明日のお参りは?」と。(毎日のことですが)

法要帳を見ると、若坊守は友達と二人で甲子園等への旅行のため休みの印が。

お常飯以外のお参りも無く、一人でも午前中に余裕を持って終われそうなので若院もお休みということに。

せっかくならもっと前から休みの日を決めておくといいのでしょうが・・・

Img_39632
枕経が出来たり、お常飯の時間調整が必要だったりで結局午前中のお参りが終わったのは昼直前。

雨戸に雨が相当当たったらしくしっかり湿っているので、このまま片付けることも出来ず、本堂も庫裏も半開き状態で今日はこのまま。

Img_39802
夜、お通夜から帰って車から降りて気がつくと、東の空に明るい月が。

そうそう、「未明にスーパームーンが」と午前移動中のラジオで聞いたのを思い出した。

http://www.asahi.com/articles/ASG8C5TC5G8CTIPE01W.html

| コメント (0)

2014年8月10日 (日)

なんとか無事に

台風の迫る中、午前中は若院とそれぞれ時間いっぱいのお参り。

朝一のお参りは車の置き場所が無いお宅で「バイクでは大変なので休んでください」とtelが。

それでも朝の間はそれほどひどい雨風ではなく難なくお参り。

町内のご法事へは車で、正午前にお参りを終えて帰るころにはしっかり暴風雨。

午後3時、若院が中陰のお参りに出かける時にもまだ時折強い雨風。

結局、午前11時ごろから午後2時過ぎぐらいが一番影響を受けました。

夜には雨は少し残ったものの吹き返しの風は全く無く静かになりました。

周辺では洪水等の災害もなく、なんとか無事に台風が過ぎていったようです。

| コメント (0)

2014年8月 9日 (土)

万全を

Img_39602
ご法事は無かったものの若院とそれぞれ午前中いっぱいお参りに。

Img_39612
昼食後、雨戸閉め作業。

この辺りは台風の予想進路のごく近くではないものの東側にあたるので影響を強く受けそう。

出来る限りの台風対策は講じたので、あとは無難に去ってくれることを願うだけ。

明日も若院ともども、それぞれ午前中は時間いっぱいいっぱいのお参り。

朝、来れないといけないので若院夫婦は真光寺泊。

冠水した道路を車で行くことを若院はビビッてますが、どうなるかは・・・

| コメント (0)

2014年8月 8日 (金)

台風11号が

Img_39462
先日、久しぶりに2階廊下の換気扇を動かすと、風の力で開くはずのルーバーが閉まったまま。

棒で突いてルーバーを動かそうとしたらどこかが壊れたみたい! 台風が近づいているのでこのままでは・・・

Img_39492
とにかくちょっと見たところ、はずれた部分は簡単に元へ戻せましたが、ルーバーは部品が接触して風の力では開かない状態。

Img_39542
ネジで無理やり押さえ込んだら、とりあえずなんとか支障は無い状態に。

Img_39582_2
敷地内にある電柱の移動をお願いしたいので今日打ち合わせに、という若院夫婦に同行して現地へ。

30分ほど中部電力の係りの方と相談、最善は敷地内の一番端(赤い矢印)に移動をとお願い。

係りの方は優しい対応をしていただきましたが、諸条件がクリアできるかは・・・

Img_39592_2
引き続き、ビール等の買出し。売り出しで2ケースにティッシュ(5個1セット)のサービス。

・・・6セットもらってきました。

| コメント (0)

2014年8月 7日 (木)

命は惜しいらしい?

町内のお常飯のお勤めの後の会話で通販の話になり、

ユニクロも通販で購入しようとしたけど、大型スーパー内の店舗へ買いに行ったことを話すと、ご主人もAIRismを使っていて

「草刈機を扱うにもシャツ一枚だと汗で体にへばりついて動きにくいけど、下にAIRismを着ているとスムーズに動ける」と。

確かに。ベットリ感が無くて、着てないより涼しい感はある。

・・・って、完全にコマーシャルに、してやられているパターン?

Img_394222
「外トイレを解体するのでその前にお勤めを」とご依頼を受けていました。

たぶん神主さん?に頼むことがほとんどだと思いますが、たまーにこういう依頼があります。

今までにも、大きな木を伐採するので・オクドを壊すので・火事が起きた家を壊す前に・・・等々

お内仏から蝋燭台(鶴亀)・香炉・花瓶を持ってきてもらっておくようにお願いをしておき、御本尊(三つ折り本尊)と野卓は持参しました。

お勤めは阿弥陀経・短念仏・和讃・回向で所要時間はたぶん5分強。

以前は何も準備せずにただお勤めだけしてましたが、御本尊が無いのはいけませんね。

(写真はイメージ画像)

Img_39442
夕方、ジョギング。

雨は降っていないもののなんとも怪しげな空模様を気にしつつ出発。

途中から傘を差さなければならないほどの雨に。

のこり、家まで300mぐらいのところ(写真撮影の直後)まで戻ってくると、ちょっと遠くで「ゴロゴロッ!」

昨日、高校生が避雷針の設置されたグランドで野球の試合中に雷の直撃を受けたことや、

ニュース等で「ちょっとでも音が聞こえたときは10km以内でどこへでも雷が落ちる危険がある」と聞いていたので、そこからは本気走り。

自分が意外にビビリなのを思い知りました。

| コメント (0)

2014年8月 6日 (水)

わかりませんが

内陣部分(本間)は唐狭間(欄間)の上下に取り付けられている釘隠し。

南北両余間部分は下にだけ付けられているものの、上にも以前には取り付けてあっただろう跡もあり、バランスが悪いようにずっと思ってました。

Img_39342
午前中のお参りから帰り早速作業、若院と上の4箇所に新たに取り付けてみると納得の仕上がり。

しかし、あらためてカタログ等で確認してみるとすべての寺院本堂が欄間の下の部分だけに取り付けられているよう。

真光寺本堂は古い建物で一般的な本堂とは作りがちょっと違うので判断はつきかねますが・・・

Img_39382
せっかくなのでとりあえず、"これもよし"ということにしておきます。

| コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

宅配

若院夫婦は今日も、昨日に続き連休。
尋ねられると必要性を感じないことをお話しするので、それほど多くないお盆経のお参りですが、それでもお盆前後は休みが取れないかもしれないので。

午前中、お参りから帰り車を降りたところへ娘(二女)が孫を連れてやってきました。平熱に下がったと。知恵熱っていうやつだったのでしょうか?

Img_39282
午前中から宅配便がいろいろ届きました。

トイレットペーパー・猫の砂・満中陰の志・釘隠し。

それぞれ、かさばるので運ぶのが大変・市販品を見つけづらいうえ通販のほうが安い、等々の理由で。

本堂用に購入した釘隠し、取り付け作業は簡単だと思うものの、後学のため若院と一緒の時に作業のつもり。

しばらくの間邪魔になりあちこちに置き直されていた、着払いで送る梱包された使用済みコピー機用トナー、やっと同じ業者さんだったので釘隠しと交換で渡せました

| コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

御供

若院夫婦はお休み。

Img_39181
お参りに伺ったお宅で、ハイハイするひ孫さんのお守りをされながら仏間でお参りと談話。

我が家も寝返りができるようになった外孫を連れて二女がしょっちゅう来ることを話したら、「娘さんにも食べてもらって」と、それぞれ種類が違うのを4玉もいただきました。

Img_39212
今はお付き合いしなくなった親戚の前坊守(ボクの亡父の従弟の奥さん)さんが亡くなったことを耳にして、中陰の間にお悔やみに伺う予定でしたがついつい延ばし延ばしになっていたので午前中に御供を届けに行ってきました。

今となっては遠縁になるので「かえってご迷惑になるかも」とも思いましたが、父が亡くなったあとボクもしばらくは葬儀や法事のお付き合いをさせていただいていたので、あくまでボクの気休めとして。

Img_39232
道中は、一般道でも30分ほどの道のりを高速を使って。

こちらも大垣西インターまで信号3つ、その竹鼻のお寺も岐阜羽島インターを降りて信号1つで行ける場所にあります。

Img_39262
通行料金はもったいない気もしましたが、気分的にとても楽に行ってこれました。

12
その外孫、今日も来ましたが昨日からちょっと様子が・・・とのこと。

体温を測ると38度越え。

予防接種には何度もお医者さんに行ってますが、夕方生まれて初めて診察に。

「こんなこともあります」と軽ーい座薬だけもらってきたそうで、その程度のことらしいです。

| コメント (0)

2014年8月 3日 (日)

もとのコースに

台風12号の影響のようですが、曇り時々少雨の一日。

湿度は高いものの気温がそれほど上がらず、心配した朝8時からの墓経もさほど苦にならない状況で済ますことが出来ました。

Img_39132
去年9月から通行止めになっていた、もともとジョギングのコースにしていた池尻町地内の道。

迂回して一本となりの道をジョギングのたびに通ってはいたので大体の様子は見てわかってましたが、近くに住む姉が通れるようになったことを教えてくれました。

Img_39162
橋脚が真ん中に出来たので、向こう側は全く見えなくなってしまったものの、橋脚迂回部分の道はすれ違いが可能な幅の道に。

以前からの部分は自転車とのすれ違いにも窮屈な幅ですが、国道と県道の信号の抜け道として通勤時にはまた車がよく行きかうことでしょう。

| コメント (0)

2014年8月 2日 (土)

初優勝

お祝い事には慣れていないので、どうしたらいいかも見当がつかず、「おめでとうございます」とだけお伝えするつもりでした。

ご法事当日の今朝、沈香をお祝いの品として差し上げることを思いつきました。お祝いに沈香もおかしいかもしれませんがそれ以外の妙案はうかばず。若院や坊守に尋ねても「それでいい」ということで。

Img_39082
時間を早めに出て仏壇店へ。突然の金額の最高級品にはとても手が届かず、次ので。「このままを包装(桐箱:9cm×7cmぐらい)ではちょっと」と思い、

ボク「贈答用で赤白の熨斗もできればお願いしたい」

店員さん「奉書に包み直して熨斗をかけることができます」

ボク「外熨斗で『祝優勝 真光寺』で」とお願いすると、

店員さん「S運輸さんですか?」

ボク「これからご法事に伺うので」と。

Img_39102
お参りに伺うと、トラック王といわれた先々代様の「三十三回忌にちょうど33回目の出場で初優勝できました、これもご先祖のお陰様なのでいただいたお香は有難いです」と。お祝いの品に不似合いなことを気にしていたことも上手にかばっていただきました。

帰って一部始終を伝えると、
若院いわく「これで安心して"おめでとうございます"と今度お参りに伺った時に言えます」と。

昼食後、
上の姉・姪たちは奈良・京都へ、それを見送って若院たちは家の設計図のほぼ最終的(に近い?)打ち合わせに建築会社へ行くため帰りました。

| コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

バタバタと

Img_38962
午前中、本堂内の参拝席の「しょうしんげをならいましょう」仕様から内陣も含めて、ご法事のお荘厳へ。

午後の時間約束で本堂勤めの一巻でのお法事には、孫さんひ孫さんがたもで総勢12名のお参り。

お勤めのあと、本堂内で記念写真をということだったので、ご本尊をバックにご法事の装束のままカメラマン役も。

Img_39002
いつもの時間にジョギング。途中、姉の家にゴーヤを持って行く途中という自転車に乗った親しい(ご門徒さんでもある)方に呼び止められて、「分けて」とゴーヤを預かる。

Img_39062
夕食は二人の姉やその娘等々を含め子供3人を含む総勢14名で、スーパーの持ち帰り寿司で夕食。

若坊守は今住んでいる岐南町アパート近くで高校の同級生女子会があり、軽く夕食を済ませ帰ったものの、若院は帰る必要が無いので今日で真光寺3連泊。

| コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »