« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

おおみそか

中陰のお参りでした。

P_20151231_1001392
午前中、本堂内掲示物の準備の後、

P_20151231_104537_pn2
内陣の準備の仕上げと、参拝席の準備。

午後、坪ノ内のどうだんつつじの落ち葉吸い込み作業の後、坊守と二人での黒豆ラップ包み作業はとりあえず200個。

P_20151231_1635312
歳暮勤行の後、年始挨拶の黒板掲示はこのブログから丸々写した。

正月なのでめでたい言葉がふさわしいとは思うが蓮如上人の真似ごとで・・・

蓮如上人御一代記聞書

1 一 勧修寺の道徳、明応二年正月一日に御前へまいりたるに、蓮如上人、おおせられそうろう。「道徳はいくつになるぞ。道徳、念仏もうさるべし。自力の念仏というは、念仏おおくもうして仏にまいらせ、このもうしたる功徳にて、仏のたすけたまわんずるようにおもうて、となうるなり。他力というは、弥陀をたのむ一念のおこるとき、やがて御たすけにあずかるなり。そののち念仏もうすは、御たすけありたるありがたさありがたさと、おもうこころをよろこびて、南無阿弥陀仏に自力をくわえざるこころなり。されば、他力とは、他の力というこころなり。この一念、臨終までとおりて往生するなり」と、おおせそうろうなり。

http://seiten.icho.gr.jp/html/854.html

P_20151231_1859152
夕食後、お屠蘇一式をセット。

去年新発売の月桂冠ノンアル日本酒が今年また進化して、とてもそれらしくなった。

メーカーは強し!

http://www.gekkeikan.co.jp/products/lineup/others/free.html

P_20151231_1913442
写真と録音の具合もバッチリ!

| コメント (0)

2015年12月30日 (水)

救急車不要

お常飯のお参り、若院夫婦はお休み。

昨晩、アルコールを少しいただき過ぎて、いつもより遅めに就寝。

ふと目が覚めるとまだ12時前、ちょっと気持ちが悪かったのでトイレへと思って立ち上がり2歩踏み出したことは記憶にあるが・・・

次に覚えているのは連れ合いがそばで「救急車呼ぶ!? 救急車呼ぶ?!」の声。

ハッキリしない意識の中、おでこと鼻が痛く、鼻血も結構出ているよ・う・な・・・

どうやら、顔をどこかにぶつけてトイレ前の廊下で倒れていたらしい。

その後の記憶もあいまいで、トイレに入ったあとちゃんと寝たことは覚えているが。

今朝起きるとおでこと鼻にキズはあるものの、用意してくれた氷で冷やしたおかげで、おでこの巨大たんこぶもずいぶん治まっていた。

連れ合いをはじめ家族は「飲み過ぎ!」と冷ややかな顔をするが、それだけでは説明がつかない感じも・・・

横向きで見づらくてスミマセン。

そんなことがあっても5時過ぎには起きて朝から作業。

思いつきで、何年かぶりになる正月に本堂で掲示する映像音声の準備。

古い今は使ってないPCを出してきて、撮った写真と録音した勤行・法話の音声を入れて、スライドショーと連続再生。

意外にすんなり完了。

P_20151230_1025132
午前10時、男性世話方さん方が幕を張ってくださった。以前は31日だったが、大晦日はいろいろ用事があるということで去年から30日の今日に。

昼前の11時、一日早めての六七日には若院夫婦もお参りにやってきた。

| コメント (0)

2015年12月29日 (火)

正月の準備

お常飯・お取越を若院と分けて。

P_20151229_1035382
お参りから帰った午前中、若院と内陣を修正会・正月のお荘厳へ。

報恩講中にロウが垂れたようで、その取り除きにはアイロンとティッシュを使って。

P_20151229_1037392
これが一番きれいに取れる。

P_20151229_0917022
中陰中なのでお荘厳をどうするか迷ったが、報恩講同様に北余間だけのぞいて例年通りのお飾り。

P_20151229_1133552
午前中にとりあえず出来るところまで、仕上げは明後日。

午後は3時頃、11日ぶりのジョギング。

| コメント (0)

2015年12月28日 (月)

次の報恩講に向けて

お常飯・お取越・おわたまし・中陰を若院と分けて。

P_20151228_1042142
午前中のお参りから帰った昼前、昨日のスムーズな作業に気をよくして今日は祖師前の一回り小さい須弥盛の作業。

こちらも、中尊前の仕様と同じにするため。

P_20151228_1100582
一緒にボルトで固定してあった供笥の桁?と須弥盛の台座部分を取り外して、ボルトを少し短く切断した後、

P_20151228_1108402
再度セット。

報恩講勤修後に、次回(一年先)のための準備や用意をこれほど続けたことは今までに無かった。

これだけやると、もし次回の報恩講には逢えなくても悔いは無いと思える。

| コメント (0)

2015年12月27日 (日)

妙案

お常飯・ご法事を若院と分けて。

昼過ぎ、若院夫婦は自宅の窓掃除をと脚立・ブラシ等を車に積んで帰り、連れ合いは二女と買い物に。

P_20151227_1500252
留守番がてら作業。

P_20151227_1511352
今年新しく買った中尊前一対の須弥盛と以前からある2対の仕様を合わせるために芯棒の切断。

P_20151228_0530092
夕方~夜、お参りと夕食をはさんで報恩講に使用するお道具の修繕。

傷んでボロボロの状態と言っても過言ではないが、買うとなるととても高価なものだし、年に一回しか使わないので、何とか現状維持でいくしかない。

P_20151228_0531232
今までは木箱に直接入れていたが、出し入れしやすいように風呂敷で包んで逆さに収納してみたけど、これが結構妙案かも。

| コメント (0)

2015年12月26日 (土)

箱裁き

お常飯・中陰・一巻とお取越を若院と分けて。

P_20151226_1444282
報恩講の前日(21日)、準備をしていて御伝鈔箱の紐を買い換えるつもりだったことを思い出した。

・・・京都本山報恩講の御伝鈔にお参りの際(11/25)に、紐を買って交換したことを友人から聞き、紐だけ売られていることを教えてもらったので。

今まで使ってきた紐は自分の代になる前からのもので、数年前から触るたびに糸が細かく切れて、ポロポロ落ちるように。

で、翌日の22日に届けば、下巻拝読の23日には間に合うかと思い電話はしたものの正絹製は店頭には無いとのことで、とりあえずあきらめたのだった。

今度使うのは1年先のことだが覚えているうちにと、あらためて電話で注文したのは昨日、届いたのは今日。

あの時注文していたら、ひょっとすると23日に間に合った?

P_20151226_1448102
http://www.asahi-net.or.jp/~jf9n-tkd/3jou/tanibook.htm

とにかく、来年は気持ち良く箱裁きが出来そう・・・

| コメント (0)

2015年12月25日 (金)

片付け

お常飯・お取越を若院と分けてのお参り。

P_20151225_1336492
昼過ぎ、ホームセンターへ買い物に。

今年買い足した「須弥盛」の芯棒が短いので長い物に交換するため。

作業は思いのほか順調に済んで、若院がお参りから帰るのを待って一緒に裏堂のお道具の片付け。

廊下すべてに敷く赤いジュータンは世話方さんに報恩講終了後に片づけていただくのだが、年明け早々に満中陰法要を予定しているので今年は敷いたままに。

P_20151226_0542052
続いて、ガスコンロの修理も終わったので炊飯器も一緒に片づけて調理場を普段仕様へ。

14510762352732
そうそう、
今年は報恩講のおときの器が変わった。

去年までの9つに小さく区切った器じゃなくなったので、おかずの大きさがちょっと大きめ。

あくまで私見だが、食べ応えと味は今年に軍配が上がるけど、器と見た目は去年までのほうがオシャレのように思う。

| コメント (0)

2015年12月24日 (木)

御浚

若院とそれぞれ、お常飯・一巻とお取越のお参り。

午前11時、庫裏のお内仏で相焼香ご住職さんに五七日のお勤めをしていただいた。

P_20151224_0835322
昨日、祖師前の瓔珞を取り外したら、それを吊り下げるため固定してある金具が落ちた。

もし「報恩講中に落ちていたら」「瓔珞も一緒に落ちてバラバラなっていたら」と思うとぞっとしたが、とにかく何よりだった。

P_20151224_0835572
以前から木部にひびが入っていたことは知っていたけど、下から見た限りではその理由がわからなかったが、金具が打ち込んであるところにひびが入りそれが広がって金具が落ちたらしい。

前の位置より少し上にドリルで穴を開けて打ち込んだが、左右の輪灯の高さはずれたように見えないのでどうやら大丈夫そう。

P_20151224_0840312
作業自体はそれほど難しくなく短時間で済むが、道具の出し入れにいつも一番手間がかかる。

P_20151224_1206472
昼、ガス屋さんがガスコンロの修理に。

炎の出が悪かったので報恩講前に見てもらったが、すぐには直らないとのことで後になった。

ずいぶん古いコンロなので買い替えも提案したが、20~30分ほどの作業でほぼ正常な状態に炎が出るようになった。

P_20151224_1903292
時間約束のお常飯から帰り7時過ぎからの夕食は一人鍋。

具材は昨夕の残り、つけ汁はお荘厳(須弥盛)のおさがりのダイダイ(橙)をしぼったのと醤油で有り難くおいしくいただいた。

※御浚
報恩講の終わった翌日の晨朝(おあさじ)を「御浚へ(おさらへ)」の晨朝という。
(大谷派寺院年中諸法要行事 法蔵館発行より)

| コメント (0)

2015年12月23日 (水)

2015年 真光寺報恩講御満座

Dscn74342
10時 晨朝のお勤め

Dscn74362
引き続き 御伝鈔下巻拝読

Dscn74402
帰敬式の前に本山製作の学習映像『帰敬式』(約30分)を見ていただく。

ずいぶん以前(20年ほど)のものなので本山には新しいバージョンをぜひお願いしたいものだ。

Dscn74462
12時 帰敬式 今年はお二人が受式

Dscn74522
法名伝達

Dscn74562
執行の辞

Dscn74592
Dscn74602_2
おときも順調に済んだよう

Dscn74632
満日中(御満座)のお勤め

Dscn74702
ご法話は今年初めてプロジェクターを使ってのお話

Dscn74742
全日程終了後、内陣荘厳や幕の片づけ作業等は1時間弱。

その後、5時過ぎから1時間ほどの食事後に解散。

二十八日講の方々は解散後も最後まで片づけてくださる。

| コメント (0)

2015年12月22日 (火)

2015年報恩講

朝の内にお常飯のお参り。

Dscn74192
午前11時から報恩講『始めの勤行』

若院・姉・役僧さんと4人で。

Dscn74212
続いて若院が御文拝読

Dscn74252
正午 御伝鈔上巻拝読

Dscn74262

午後1時半 大逮夜には相焼香と小会ご寺院に参勤いただき、助音の皆さん・一般参拝数人の方々と一緒にお勤め。

Dscn74312
続いて役僧さんが御俗姓拝読

この時期としては暖かな一日だった。

| コメント (0)

2015年12月21日 (月)

いよいよ

お常飯・お取越・祥月命日の一巻・中陰を若院と分けてのお参り。

Dscn74102
朝8時から、総代・世話役・二十八日講の皆さんで報恩講の準備。

正信偈のお勤めに続き、おみがきの後、

Dscn74122
Dscn74152_3
幕張り、

Dscn74112
おときの準備等々、昼食後解散。

P_20151221_1554232
夕方には準備が整った。

14507334675852
姉が先日いとこが教えてくれた漢方薬を買ってきたと報告してくれた。

もしもの時、効き目があるといいんだけど。

| コメント (0)

2015年12月20日 (日)

お華立て

若院と分けてお常飯のお参り。

朝食前にボクのお参りは終わったがその後、報恩講の準備で一日中バタバタ、バタバタ。

11時、今日は相焼香ご寺院が報恩講中のため初月忌(初めての月命日)のお勤めを寺勤めで。

Dscn74032
朝8時過ぎから"華立てさん"が来てくださった。

新しく、総代さんの息子さんも新メンバーに加わっていただけた。

北余間は中陰のお荘厳のままなので、今年はいつもより1杯少ない5杯のお華を4人で立てていただいた。

お二人の時は5時頃までかかってお世話になったが、今年は去年に続き3時前に作業終了となった。

| コメント (0)

2015年12月19日 (土)

報恩講が近づく

P_20151219_1325122
お常飯・お取越・ご法事・相焼香ご寺院報恩講(大逮夜)を若院と分けてのお参り。

Dscn73972_2
7時から助音の練習。

3日だけだったが一応最終日。

合掌のタイミング・注意事項等々、大逮夜と満日中の全体の流れを確認。

Dscn74002
本番後の助音としての打ち上げは無いので、前倒しで最後にみんなで輪になって軽~く?、いっぱい。

こういう場でジッとしていられない姉は一番の働き者。

| コメント (0)

2015年12月18日 (金)

急遽中止

朝の内に済むお常飯を若院と分けてのお参り。

P_20151218_0812592
若院がお参りから帰ってくるまでの間に帰敬式に必要な物の準備。

申込の締め切りは昨日で、今年の受式者はお二人。

その後、午前中かかって内陣を報恩講のお荘厳に、出来るところまで。

P_20151218_1347592
午後、炊事場のガス器具等設営の後、注文してあった満中陰の"おさがり"に使うお華束(けそく・砂糖製)をもらいに若院の運転で街中の店舗へ。

そんなバタバタしているところへ大垣教務所からtelで「先生の都合で今日の公開講座は中止」と。

出席時に名前を書くわけでもないし、多くの人が聴講しているのによく連絡してきてくれたもんだと感心しつつ、毎月ご一緒する4軒5人の方にその旨を連絡。

P_20151218_1611022
4時前、所用で疲れ気味だったが夕方から出かける必要がなくなり時間に余裕が出来たのでジョギングに。

伊吹山も今回はしっかり雪が降ったようで、道路温度計も7度。

| コメント (0)

2015年12月17日 (木)

少し寒くなってきた

お常飯・お取越・一巻とお常飯・中陰を若院と分けてのお参り。

Dscn73842
午前中の時間約束で四七日のお勤め。

本堂内陣は報恩講に向けてお荘厳が取り払い中のため庫裏のお内仏で。

いとこで、すぐ上の姉と同級生の『尚ちゃん』がその度にお参りに来てくれている。

P_20151217_1403452
午後は若院と真宗連続講座へ。

http://ogaki-gobosan.sakura.ne.jp/event/renzpkukoza.html

2~3回パスしたので久しぶり。

やっぱりどうしても眠くなるのはボクだけではなさそう・・・

Dscn73902
夜は助音の練習の中日で、満日中のお勤めの練習。

今年は初めて参加している方はいないので、間違えやすいところを復習しながらサラーッと・・・という感じ。

| コメント (0)

2015年12月16日 (水)

使い易く

お常飯・お取越を若院と分けて。
Hourindo_49100003_5
午前中、丸花瓶5個の仕上げ磨き。

テガールダスターというニューテガール(金属洗浄液)に付属の布を使って。

角花瓶2個は若院が昼過ぎに作業。

P_20151216_1429562
午後、バイクの整備。

Photo
サイドスタンドを立てるとエンジンが切れる安全装置の取り外し作業。

配り物をする時に、サイドスタンドを立てるたびにエンジンをかけ直す面倒を回避するため。

・・・と言っても、装置(スイッチ)を取り外して接続線を切断のあと直結するという簡単なもの。

| コメント (0)

2015年12月15日 (火)

報恩講の準備

お常飯・中陰を若院と分けて。

14502122229702
昼前、1週間後に迫った報恩講の高札を若院が立てた。

葬儀の後、カラーコーンが引き上げ忘れられている。

お世話になった農協さんが持ってきたものと思うが、わざわざ連絡することでもないと思うし、いただいてしまえばいいのだろうか?

14502122420552
午後、花瓶(かひん)のお磨き作業。

他の真ちゅう製仏具のお磨きは今月21日の報恩講の準備で世話方さんにお世話になるが花立ては前日に行われるので前もって。

Imgrc00698634802
月刊誌「真宗」の広告で見た「みぞきれい」なる洗浄液を試しに購入。

量の割りに高額だが確かにきれいに・・・仕上げの電動工具でのパフ磨きが不要かも。

Dscn73822
夜、助音の練習の初日。

少しだけ報恩講気分が盛り上がってくるのを実感。

| コメント (0)

2015年12月14日 (月)

友人

お常飯・中陰のお参り。

夕方、若院が仙台とお姉さんが住む横浜にそれぞれ一泊後、無事帰ってきた。

P_20151214_1158412

昼食の鍋焼きうどんに卵を入れようと冷蔵庫から取り出した瞬間、手からこぼれ落ちた。

落ちた足元から転がる卵を見て「何で割れなんだの?」と隣に立っていた娘が不思議そう。

そう、物を落とすとすかさず足を出してクッション代わりにするボクの癖。

それが功を奏して、ヒビは入ったものの床を転がって割れずに済んだのだ。

P_20151214_1430182_2

昼過ぎ、同級生のいとこ(東京都立川市在住・実家は名古屋市中川区)がお参りに来てくれた。

最近は疎遠だが、小さいころからお互いの家を行き来しては泊まりあってよく遊んだ。

頭は雲泥以上の差(ぐらいじゃないほど)だがボクのレベルでとても気安く話してくれる・・・

めまいを発症したが「これがよく効く」と教えてくれた漢方の薬。メニエール病を持つ姉に早速伝えた。

P_20151125_1637512                       pm4:37
http://ganshoji.web.fc2.com/

友人と言えば、
実は葬儀翌日にも、こちらも最近は疎遠だが、大学以来の親友(秋田県能代市在住・実家は各務原市)がお参りに来てくれた。

京都本山の報恩講へお参りの途中にわざわざ寄ってくれて、御伝鈔に参拝とのことで、急遽車で同行。

毎年欠かさずお参りしている本山報恩講を今年はあきらめざるを得ない状況の中、彼のおかげで久しぶり(2回目)に御伝鈔に逢えた。

http://ganshoji.blog.fc2.com/

ブログにはボクの運転を「飛んでいるのではと思うようなドライブ」と書いてくれているが・・・

| コメント (0)

2015年12月13日 (日)

(-_-)zzz

P_20151213_1340002
お常飯・ご法事・墓石建立と納骨墓経のお参り。

http://www.checkhouse.net/ogaki-showroom/

若院夫婦の家を建てた会社が大垣にショールームをオープンしてそのイベントがあったので娘・孫・連れ合いの3人は3時過ぎに出かけたため留守番。

相変わらず毎日早く起きてしまっているのでコタツで1時間半ほどウツラウツラ・・・

| コメント (0)

2015年12月12日 (土)

ほぼ復調

お常飯・中陰・ご法事・一巻とお取越を若院と分けて。

昼過ぎ、若院は同朋大学別科の時の友人に招かれて住職襲職式に参勤のため仙台へ。

P_20151213_0616032
昨日、受式依頼があり今年も帰敬式を行うことが決定したので、法名の選字。

夕方また一人の方から依頼があり、今のところお二人での予定。

P_20151212_1549542
3時過ぎにお参りから帰り、ちょっとしんどかったが気分転換にと連続7日目となるジョギング。

| コメント (0)

2015年12月11日 (金)

山号額

P_20151211_1258232
お常飯・お取越・小会御寺院の報恩講(御満座)を若院と分けて。

P_20151211_1711222
先日の葬儀後、本堂内正面に掲げてある山号額の額フトンが傷んでいることに目が留まった。

以前から気が付いてはいたが、あまり気にはしていなかったので

「こんな状態で葬儀を済ませてしまった」とその時そこにいた誰かと話し、「たぶんあの店ならあるかも」とも。

P_20151211_1712372
午前中、お常飯のついでの所用の帰りにその店の前を通りかかったので寄ってみると、あったので。

| コメント (0)

2015年12月10日 (木)

復調は

お常飯・親子さん3名お参りの一巻でのご法事、本当ならお参りお休みの日のはずが、諸事情で3軒のお参り。

午前の時間約束で相焼香御住職さんにご参勤いただき三七日のお勤め。

P_20151210_1521262
午後3時頃のジョギングも体調は少しずつ戻りつつあるものの、距離やスピードを元通りに戻せるのはまだ先になりそう。

P_20151204_04103922
午前中、本山に登録されている前坊守の法名について教務所より確認TELがあり

「静」の字の「争」の横棒が右に突き出ていないので了解を・・・と。

確認しなおすと「たしかに!」

細かいところまでこだわるんだなぁ、と感心。

| コメント (0)

2015年12月 9日 (水)

いうことがきかない

お常飯を若院と分けて。

P_20151209_0946042
午前中、街中でのお参りに続いて揖斐川東の安八町役場まで。

亡母の出生から結婚までの間の戸籍(除籍)謄本をもらいに。

亡くなって凍結された通帳を使えるようにするには生まれてから亡くなるまでの謄本をそろえなければならないらしく。

実家が隣接町で近くて良かったが、これが遠かったらと思うと、ぞっとする。

帰って、
散水チューブの片付け作業に取り掛かるも、これもなかなか面倒で汗だらだらの体ガクガクに。

昼食後、
二女の車(ワゴン)のタイヤ交換。前後とも2輪上げが出来るので簡単に思っていたが、やっぱり体がいうことをきかず想像以上の疲れが・・・

ひとつずつ事はなんとかこなせてはいる(つもりだけかも)が頭も体もついていかない。

夕方、
姉の紹介でデパートの外商さんに来てもらい御香典返しの名簿を渡す。

| コメント (0)

2015年12月 8日 (火)

霧吹き

お常飯・お取越を若院と分けてのお参り。

P_20151208_1108072
昼前、障子紙貼り。

P_20151208_1143082
この後、乾いたらシワはすっかり無くなった。

| コメント (0)

2015年12月 7日 (月)

経年劣化

お取越・百ヶ日と納骨墓経・中陰、若院はお常飯のお参り。

S__287866982
鼓楼の基礎補強工事にともない、その玄関の間の改修で障子を新調したのは15年?ほど前のこと。

使用頻度がそれほど高くない所なので、それほど気にならなかったが、よく見ると日焼けで障子紙の色がずいぶん変色。

経年による破れも起きたので、部分補修ではなく初めての障子紙の全張替え。

S__378224952
「水で濡らしたら簡単に剥がれた」と若坊守(長女)。

P_20151208_0815152
お参りから帰った午前中、町内への今月の配り物。

「助音を練習しましょう」のチラシ・法語カレンダー・今日のことば・同朋新聞

カレンダーがかさばって重いので若院と二人で分けて。

| コメント (0)

2015年12月 6日 (日)

12月の紅葉

若院とそれぞれお常飯・ご法事・お取越のお参り。

地に足が着いていない感じも和らぎ、精神的にも体力的にも平生に戻りつつある・・・。

P_20151206_1505192
昼食後、体を休めた後のジョギングでは雪をかぶった御嶽山が眺められた。

伊吹山は初冠雪はあったようだが、まだ根雪にはならず積雪は見えない。

P_20151206_1529372
平年より一週間以上は遅れているように思う、境内ドウダンツツジの紅葉。

| コメント (0)

2015年12月 5日 (土)

ご先祖

お常飯・中陰・ご法事・ご法事とお取越(おときもご一緒)・お取越・一巻とお取越を若院と分けてお参り。

急がないと間に合わないほどの窮屈な日程ではないが、朝から夕方~夜まで二人とも日程がびっしり。

久しぶりに一日中のお参りに、若院の足は悲鳴を上げていると。

Screenshot_201512060636042_3
午後のご法事の席でお参りされている方々のご先祖の行年が話題になり、スマホに入れてある過去帳データを見てお伝え。

皆さん、亡くなったご両親やお祖父さんお祖母さんのだいたいのお歳はご存知でしたが、ハッキリとした行年を把握されてなかったのにはちょっとビックリ。

そういえばボクも、三代(三夫婦)六人で生まれる前に亡くなったひいお祖母さんとお祖母さんの行年はハッキリとは言えない・・・

| コメント (0)

2015年12月 4日 (金)

まだなんとなく疲れが

お常飯・お取越・一巻とお取越を若院と分けてのお参り。

P_20151204_0928452
朝、お参りの間の時間に。

小会の相続講の時に組長さんが「この辺りが第10組」と指し示していたのを思い出して、探したらやっと見つけることが出来た。

P_20151205_1237482
大垣教区の御遠忌のポスターには、ごく小さく大垣教区内の全寺院の400弱の本堂の写真が掲載されている。

P_20151204_1117442
昼前、お参りから帰り昼食までの30分ぐらいの間に済ますつもりで、買い物と作業。

水屋の物干しへの出入り口のドアノブの鍵が少し前から壊れていたので。

P_20151204_1117382
ほぼ同じものをホームセンターで見つけ、買って帰ったまではよかったが、説明書を読まずに取り付け作業を進めたら、径が微妙に違うネジを間違えて取り付けたことに気付きやり直したり・・・

P_20151204_1141282
何とか予定より10分遅れで作業終了。

お参りから帰った3時頃、悩んだ末の久しぶりのジョギングはやっぱりちょっときつかったがお風呂上りに計ると体重・体脂肪率が大幅に減少していたので、効果大を思い知った。

| コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

用事だらけ

お常飯・一巻とお取越を若院と分けてのお参り。

街中のお参りから続きに別院内の教務所で母(前坊守)の死亡届け等の書類提出。

午前11時、相焼香ご住職さんに二七日のお勤めをしていただいた。

昼食後、インターネットで永代経志御紐解法要の引き出物の追加注文と1月に勤める満中陰法要のお華束さん(砂糖製)の段取り、その案内状の封入作業。

おときの場所も正式決定して、今のところ法中・親戚あわせて当日のお参りは総勢30名の予定。

その後、坊守二人が町内6軒の年行事さん宅へ報恩講のお手伝いのお願いと、封入した案内状を送るため郵便局へ。

・・・普通の82円切手は梅の花柄で「ちょっと似つかわしくないのでは」ということになり、別納ゴム印?を押してもらうため。

P_20151203_1436292
あれこれしていて忘れかけていたタイヤの交換作業は連れ合いと二人の車の軽2台、途中から連れ合いが、お参りを終えて帰ってきた若院も最後に手伝ってくれた。

P_20151204_0410392
そういえば
午前中に行った教務所で「得度時の法名を確認して、申請書の字が違っていたら直しますから」と言われた。

度牒?に書かれた法名の字を確認するのをずっと忘れていたが寝る前にそれを思い出した。

葬儀や印刷でさんざん使ってきただけに、ひょっとして旧字が使われていたらと心配したが間違っていなかったのでやれやれ。

| コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

なかなか元通りには

お常飯・お取越のお参り、若院夫婦はお休み。

10時半頃にお参りから帰り、今日はゆっくり出来るかと思っていたが、お客さんが来られたり、葬儀後にいただいたお香典のデータ処理やらで、やっぱりバタバタした日に。

葬儀後遺症?からか、足がだるかったり体が重かったりと調子がイマイチ。

| コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

悔いや後悔は

お常飯・お取越を若院と分けてお参り。

14489468295342
若院が昨日書いたものを伝道掲示板に。

出会って気になった言葉を書きとめたものの中から若院が提案。

「今 今 今
  たった今死んでも
    生き甲斐あったか」 木村無相

こちらも以前掲示したことのある、とても気に入っている言葉。

いつでも「はい」と言って往けることを、常に心に留めてはいるが・・・

P_20151201_1615132
ひとつひとつ出来ることから済ませている・・・今日はこれ。

姉が出すはがきの文章作成とプリントにも協力。

| コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »