« 友人 | トップページ | 立川 »

2020年3月24日 (火)

院号

朝食前、町内のお常飯3軒(午前6時半過ぎから約1時間)のお参り。

Img_20200324_1214502

午前9時、昨日同様に高速渋滞を避けるため一般道を走って、連れ合いとセレモニーホール(一宮市)へ向かう。
1時間弱で到着したら、すぐ後ろをついて走ってきていたのは、大阪からやってきた友人が運転する車。
少しすると、やってきた従兄が控室に入ったので同席して二言三言。
葬儀中、いろんな思い出が頭の中をめぐって涙がにじんだ。
出棺を見送った後、高速を使って午後1時前に帰宅。
少し遅れて、大阪からの友がやってきてしばし会話した後、帰っていった。

思い出すに
高校の学校祭の時、体育館のステージで一緒にギターを弾いて歌った
大阪在住の友と同様、一度も同じクラスにはならなかったのに、不思議に高校卒業後も「たま~に」の付き合いが続いた
大学入学の夏、ギター買い替えで高校三年間弾いたギター(ヤマハ FG-580・グリーンラベル)を半額程度(たぶん)で譲った
27か28歳の時だっただろうか、従兄が教諭を勤めている学校の先生仲間の女性の写真を持ってきて「知り合いで、ええ人おらんか?」ということで紹介したらすぐに意気投合したらしくお見合い後、とんとん拍子に話は進んで結婚
その後、転勤・転職等いろいろあって一時期は会わない年が続くこともあったがここ10数年?ほどは大阪の友人の段取りで連れ合いも一緒に1~2年に一度、5人で会食
去年の春、難病罹患を話しに来てくれて5人で会話したのが最後となった

・・・いまだに、本当に現実だったのだろうか、夢でも見ていたのではないだろうかと

« 友人 | トップページ | 立川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 友人 | トップページ | 立川 »